RSS | ATOM | SEARCH
ヤチブキのお浸し

 寒い頃から花を咲かせ始めていたヤチブキが、あっちにもこっちにも出て花を咲かせている。ヤチブキとは和名エゾノリュウキンカのこと。葉っぱが丸くて、フキに似ていることからつけられた名前あらしい。

 

 山菜として食べられると聞いてはいた。暖かくなって、あっちにもこっちにも顔を出してきたから、少し摘んでみる。

 

 食べ方はどうなのかな。ネット検索すると、いろいろなレシピが出てくる。ありがたい時代になったものです。

 とりあえずは、簡単なお浸しに。

「ほろ苦い」という説もあったけれど、それほどではなかったな。しゃきしゃき感が、おいしかった。

author:けい, category:料理など, 21:46
comments(0), trackbacks(0)
違いが面白い

北海道の春はゆっくりゆっくり進む気がする。

森林公園でニリンソウの蕾を見たのは2週間も前のことだと思う。我が家の近くではやっと葉が出てきて、昨日、今日、とっても小さなつぼみを見ることができた。

森林公園の方が山奥というイメージがあるのだけれど・・・

 

ラッパ水仙もご近所のはこんなによく咲いている。 u

後ろのブロック塀のおかげで暖かいのかな。

が、わが仮住まいの庭のはまだまだツボミ。だいぶ大きくなってはきたけれど・・・

 

 

author:けい, category:花など, 19:57
comments(0), trackbacks(0)
さすが馬産地

 今日の午後は6月の初めに行われるお祭りで飾るための旗作りのお手伝いに出かけた。

 

 布を断つ人、配色を考えて並べていく人、ミシンをかける人、みんなでやると、どんどんできていく。

 

 私はひたすらアイロンかけ。

 

 終了後もみんなでお片付け。

 

 その時に面白い紙袋が登場した。

 

 「牧場の息子さんからもらった馬の資料を入れる袋です」とのこと。馬の絵がかわいい。

 丈夫でとても実用的だそう。

 

 袋の横にあるのが、今日、みんなで作った旗の一部。

 

 

 

  

author:けい, category:-, 18:24
comments(0), trackbacks(0)
引っ越し準備

 あと少しで家が完成することになった。

 

 最初の仮住まい、冬越し用に借りた今の仮住まい、大半の荷物を置いてある倉庫的なところと3か所から荷物を引っ越す必要がある。

 

 倉庫的なところからは、大きな家具類を運ぶ必要があるため、これはお手伝いをお願いした。

 今日の午後は、そこへ行って、運んでもらう荷物をもう1度、確認してみた。

 残りはぽつぽつ、自分たちで運ぶ予定・・・

 

 今、お借りしている家は5月1日には完全に空にしてお返ししなくてはならない。

 

 私としてはそんなにたくさんの物を運び込んでいる意識はないのだけれど、いざ、空にしなくてはとなると、いろいろあるのだろうな。ということで、今日はもう使わないだろう物の整理をしてみた。

 持っていないようで、やっぱり、いろいろな物を持っているものです。

 

 「引っ越しがなくても時々は自分が持っているものの確認も必要だなぁ」と引っ越し準備をしながら思いました。

 

author:けい, category:-, 21:09
comments(0), trackbacks(0)
本格的な春

 まだ肌寒い日があったりするが、いよいよ本格的な春です。

 

 カタクリ、アズマイチゲ、エゾエンゴサクなどなど、春の花も咲き始め、山菜もギョウジャニンニクが採れ始めた。

 

 山菜採りの好きな私にとっては楽しみな季節の始まりでもある。

 

 そしてヒバリもあちこちでさえずり始めた。今日は乗馬のレッスンを受けてきた。「暖かになってきたから、外で乗りましょう」とのことで、外でのレッスン。レッスンを受けている間中、ずっとヒバリの声が聞こえていた。

 

 乗馬自体、都会ではお金持ちの趣味というくらい、高い料金を払わないとできない。ここではそこそこお手軽価格で楽しめるのがありがたい。

 そのうえ、こうして、ヒバリの声を楽しみつつ、レッスンを受けられるのだから、最高です。

 

 

 

author:けい, category:-, 20:23
comments(0), trackbacks(0)
コブシの花

 春も早くから咲く白いコブシの花。

 

 結婚後、最初に住んでいた町は暖かい地にあったからか、あまり見かけなかった気がする。

 

 次に住んだ土地、今のところへやって来るまでいたところには、たくさんのコブシがあった。街路樹として植えられている気もあったが、山に自生しているのも多かった。

 

 こちらにもそこそこあるみたい。

 

 まだ、この地で春を迎えるのは2回目なので、わかっていないことも多い。

 

 今日は、今年初のコブシの花を見た。これから、あちこちで見られるのが楽しみ。写真が横になってしまい、直せない。

author:けい, category:花など, 20:38
comments(0), trackbacks(0)
我が家への関心

 終の棲家となる予定の我が家の工事が順調に進んでいる。

 

 思っていたよりも速いスピードで工事が進み、今月中には引っ越し荷物を運びこめるところまできた。

 

 私たちの知り合いで建築そのものにも興味関心のある方たちは、建築現場に足を運んでいるらしい。

 

 お会いするたびに、「見てきました」という報告と共に感想を知らせてくださる。

 限られた予算の中で私たちなりのこだわりを実現するべく、じたばたした。そのあたりのことも、わかって頂けているようなのもうれしい。  

 

 最低限の引っ越しは今月中に済ませたいところ。が、その後、嵐が2つ襲来予定なので、皆さんへのお披露目は7月以降になるかな。

author:けい, category:-, 22:24
comments(0), trackbacks(0)
フキノトウ輸出計画

 フキノトウは春の訪れを告げる山菜として、私だけでなく、関東地方の人にとっては、とってもうれしいものの一つだ。

 

 ところが、「北海道の」と言うべきか、「浦河の」と地域を限定して言うべきか、迷うのだけれど、ともかく、この地の皆さんはあまりありがたがらない。

 

 見向きもしないというか、けとばして歩いているというか、そんな感じです。

 

 でも、本州の人はとっても、ありがたがる気がする・・・

 

 先日も東北出身の友人にフキ味噌を作って、送ったところ、とても喜ばれた。「こちらでは食べる人が少ないのよね」と話をしたら、「えー!」と驚いていた。

 

 ここのフキノトウは大きいし、あたたかくなるまでに時間がかかる。おかげで、1か月以上も摘むことができるのも、ありがたいと思う。

 

 大きい、たくさんある、長い間摘むことができるを考えたら、本州への輸出も可能だと思うのだけれどなぁ。

 

 

 

 

author:けい, category:-, 22:17
comments(0), trackbacks(0)
シカの角

 2日続けてシカの話題です。

 

 雪が溶けて、いろいろな花が咲き始めたので、建築中の我が家の周辺をフラフラしてみています。

 

 まだ、この地の春に慣れていないので、どの花や山菜がいつ頃出てくるかがよくわかっていない。

 

 「コゴミはまだかなぁ」と湿地の方を眺めていたら、シカ角を発見。対になっていないところを見ると、昨年の春に落ちたものではないかな。

 

 遠くから見てもかなり色が抜けて白いし・・・

 

 今日は長靴ではなかったから、近いうちに長靴を履いて拾いに行ってみよう。

 

author:けい, category:花など, 20:06
comments(0), trackbacks(0)
シカの食痕

 建築中の我が家があるところはコンビニまで歩いて3分という便利さなのに、森の中のような環境。

 

 だから、フクジュソウ、カタクリ、ミズバショウなどが咲く。そして、シカさんもたくさんやってくる。足跡を見ることも多いのだけれど、倒れた柳の皮を食べた痕も・・・

 

 

author:けい, category:花など, 18:59
comments(0), trackbacks(0)