RSS | ATOM | SEARCH
鹿首肉 最後はカレーリゾットで

 途中にお休みを入れたとはいえ、1週間ほど食べ続けた鹿首肉、最後はカレーリゾットにしました。

 

 コトコトよく煮込んだので、おいしいスープが取れました。スープがおいしいから、肉がほどんどないことなど気にならなかった。

 

 また、そのうち買ってみましょ。

 

 寒くなってストーブを焚くようになった時の楽しみがふえました。

 

 

author:けい, category:料理など, 19:02
comments(0), trackbacks(0)
自家製野菜のランチ

 最近知り合ったご夫婦と近所のカフェでランチした。

 

 おまかせプレートと言うのがおいしそうだったから、それにしてみる。

 

 テーブルに運ばれてきた時に「野菜は全部、自家製です」との説明があった。野菜たっぷりのランチはやさしいおいしさだった。

 

 

author:けい, category:料理など, 19:04
comments(0), trackbacks(0)
そろそろ秋

 今日の昼間は暑かった。暑がりの私は「『お盆を過ぎたら、暑い日はなくなる』と聞いていたのに」とブツブツ。

 

 25度で暑いと文句を言っているようでは、真夏の関東地方へは行かれないなぁ。

 

 それでも3時を過ぎたら、すっと気温が下がってくるのだからありがたい。

 

 先日から咲き始めた萩の花がふえ、もうそろそろ秋かな。

 

 

author:けい, category:料理など, 20:10
comments(0), trackbacks(0)
鹿首肉をゆでる

 2,3日前にシカの首肉をゆでた。

 

 表面をさっと油で焼いてから、熱湯を回しかけ、2時間ほどコトコト。

 

 前回はトマトシチューにしたが、今回はゆで肉を薄切りにして食べてみた。おいしい。

 

 ほろほろになるまで、火を入れる料理法があると教えてもらい、今日はさらに1時間ほどコトコト。

 

 相棒は「前回の固さの方がよかったかも」と言う。今回のは柔らかく、それがまた前回とは違うおいしさの気がする。

 

 柔らかいから、骨付きの塊肉から外すのは楽だった。ただし、切り口が少しぐずっとなって、見た目があまりきれいではないのが残念。

インゲン豆の姿焼きと共に盛り付けてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:けい, category:料理など, 19:12
comments(0), trackbacks(0)
鹿肉のカツとじ

 今日は第4火曜日、シカの日だ。第4の「し」と火曜日の「か」を合わせての命名らしい。

 この日は振興局の食堂でシカ料理が提供される。原則的には職員用の食堂なのだろうが、一般の人も利用可能なので、たまにお世話になる。

 

 シカの日のシカ料理はシカ料理としたら、とてもお安いと思う。以前より値上がりしたが、それでも600円なのだからうれしい。

 

 今日の料理はカツとじ。カツ丼の上の部分とご飯が別に登場するという感じかな。

 

 肉はそこそこの厚みがあって、おいしかった。

 

 

author:けい, category:料理など, 17:45
comments(0), trackbacks(0)
パーティの名残料理

 昨晩はあっさりと豆腐と納豆にしたけれど、今晩はパーティで残った鹿肉のローストをサラダに入れてみた。

 

 かなり大きめのスライスにした肉をそぎ切りにし、ロースト用に作ってあったたれに浸す。それを刻みキャベツなどに混ぜてサラダに・・・写真で見ると鹿肉があまり目立たないが、食べるとしっかり存在を主張していておいしかった。

 

 スープは鹿肉についていた膜部分を外し、ことこと煮たものに野菜のローストの残りを入れたもの。

 味付けはハーブソルトに醤油をプラスしてみる。

 

author:けい, category:料理など, 20:00
comments(0), trackbacks(0)
鹿肉のローストにチャレンジ

 昨日は7人のお客様を迎えて、楽しい時間を過ごした。

 

 ようやく家が完成し、私たちの生活も落ち着き始めたところでの夕食だったから、ちょっと頑張って、鹿肉のローストを作ってみた。

 

 少し前に隣町で行われた鹿肉料理講習会で70度ほどの低温でじっくり熱を通すと、おいしいローストができると教えてもらったので、チャレンジしてみた。

 

 事前に練習することができたらいいのだけれど、今回、料理したのは1キロ以上ある塊肉。だから、いきなりのチャレンジです。

 

 フライパンの中で塊肉の表面をざっと焼いてからオーブンへ。100度の設定ができるから2時間ほどゆっくり加熱してみた。途中で肉の表面が乾かないようにオリーブオイルを塗りつけ、アルミ箔で覆う。

 

 大体いいかなというところで、オーブンから取り出し、ジップロックの中へ入れる。ジップロックの中へ入れる目的は3つ。1つ目は余熱で火が通るように。2つ目はゆっくりと冷やすことで、切った時に肉汁が出てこないように。3つ目は家の中に肉を焼いたにおいが充満しないように。(お客様が家に入ってきた時ににおいがすると、出てくる料理の予測ができてしまうから。予測できずに料理が出てくる方が楽しみも多いのでは・・・)

 

 お客様にお出しするまで、作った本人も出来のほどがわからないという、いつもながらのいい加減さ。でも、まあまあの出来で、皆さん、喜んでくれました。

 

 

 

 

author:けい, category:料理など, 20:34
comments(0), trackbacks(0)
豆腐入りお好み焼き

 「浦河産ではなくて釧路産だけれど、イカが入りました」と魚屋さんから電話があった。小さいイカだとのことなので、2杯をお願いする。「お刺身に作りますか」には「そのままでいいです」と返事した。

 お刺身になるイカだったら、一口はお刺身にしようかな。

 

 残りはお好み焼きに入れることにする。少しある肉を足したら、量的にもちょうどよさそう。

 

 キャベツとねぎをたっぷり刻んだところで、ふと考える。

 

 お好み焼きと言えば、卵と水を入れることが多いが、我が家では豆乳を使うこともある。今日は豆乳がないから、どうしよう。

 

 豆乳の代わりに豆腐を入れるのはどう?

 

 結果は思っていた以上に◎でした。卵よりもふわふわになった気がする。

 

 刺身とお好み焼きと2通りで食べたイカもおいしかった。

 

 

 

 

 

 

author:けい, category:料理など, 20:34
comments(0), trackbacks(0)
シカ肉お食事会

 シカ肉お食事会なるものに誘われ、行ってきました。

 

 日本全国でシカがふえ続けている。ふえ続けて、農作物を食い荒らすようになっている。「そのシカを食べ、おいしさを分かち合いましょう」と言う趣旨の会らしい。

 

 シカ肉を食べるということはまだまだ一般的ではないのだと思う。

 

 野生鳥獣の食肉を意味する「ジビエ」などと言われると、ありがたそうに聞こえるらしいけれど・・・

 

 「ジビエ」でも「シカ肉」でもおいしければ、いいというアバウトな私。

 

 おいしいお料理と素敵な人たちとの一時を楽しんできました。

 

 たくさんのおいしいお料理が出たけれど、すべての写真を撮り切れなかった。

 シカ肉のテリーヌと鹿肉ミートソースのパスタの写真です。

   

 

 

 

author:けい, category:料理など, 21:49
comments(0), trackbacks(0)
おいしい生そば

 私たち夫婦は二人そろって、おそばが大好き。

 

 家にいる時の昼食はおそばにすることが多い。

 

 ひょんなことから、浦河産の生そばに出会い、おいしさと値段にうれしいびっくり。

 しかも家までの配達付き。すっかりファンとなって、毎週、お願いしている。

 

 1パック2人前で300円。原材料はそば粉と小麦粉のみ。

 

 もっとたくさんの人に知られてもいいと思うのだけれど、生産量に限りがあるのかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:けい, category:料理など, 22:41
comments(0), trackbacks(0)