RSS | ATOM | SEARCH
椅子の座面を張り替える

 椅子の座面を張り替えることができるのだとか。

 

 器用な相棒がやってくれた。「使ってもいい布がある?」と言われ、ずっと前に何かに使いかけていた白いタオル地の布を渡す。

 

 頂いてきた椅子の座面、3つを張り替えてくれたのが、少し前のこと。

 

 私が愛用していた椅子も布が擦り切れてきた。前に張り替えてもらった3つの椅子とは型が違うけれど、同じ布に張り替えてもらえば、一つの部屋で使うには、統一感が出ていいかも。

 

 と、同じ布に張り替えてもらいました。椅子の高さも同じほどで、あまり自己主張の強くない椅子たちなのでいい感じです。

 

 なぜか写真をうまく取り込めなかったので、写真のアップは後日のお楽しみ。

author:けい, category:手仕事, 19:42
comments(0), trackbacks(0)
ミニこぎん刺し展

 先日、知り合った方から、その方の友人の「こぎん刺し展』があると聞いたので、見に行ってみる。

 

 小品ばかりだけれど、見事でした。

 

 

 

 

 

 

author:けい, category:手仕事, 20:28
comments(0), trackbacks(0)
インド茜染の絹スカーフ
 先日会った友人は草木染をやっている。私も昔はやったけれど、このところはさっぱり。  その友人からインド茜で染めた絹スカーフを頂いた。  やさしい色がとってもすてき。  こういうプレゼントは遠慮なく頂いてしまう私です。  
author:けい, category:手仕事, 19:24
comments(0), trackbacks(0)
半幅帯から自立する袋を作る
 世の中は断捨離がおおはやり。  私もいらない物を処分したいが、使えそうなものをごみとして捨て去るのには抵抗がある。着物を着なくなったから着物も帯も本来の用途として使うことはない。が、何とか使い道はないものかとじたばた。  着物は下手なりに洋服へと変身させてみている。が、帯のリフォームはなかなか・・・  本には「バッグに作り替える」とあるが、バッグばかり、そういくつもいらないし・・・  そうこうしているうちにひらめきました。  編み物をする私は編み掛けのものを入れるのに段ボール箱を愛用している。実用的ではあるが、見た目はよくない。この段ボール箱の代わりになる入れ物を帯で作るのはどうかしら?  ひらめいたところでさっそくお試し製作をしてみる。思い切りのよい人だったら、とっくにごみ箱に入れていただろう半幅帯に登場願う。箱型に縫うのはむずかしそうだなぁ・・・  とりあえず袋の形に縫ってみる。縫い上げたところでいじってみると、帯の固さがあるから、ばっちり自立してくれた。色は派手だが、段ボール箱よりはずっといい感じ。  近々、写真をアップしますね。  
author:けい, category:手仕事, 21:29
comments(0), trackbacks(0)
1つの着物から2つのロングスカートとチョッキ
 ここ数日、悪戦苦闘して、着物のリフォームをした。  1つの着物から2つのロングスカートとチョッキを作ることができた。  ロングスカートは今までにもいくつか作っている。が、間を開けてしまうと、要領を忘れてしまう。2つ続けて作ったら、少しわかったかな。忘れないうちに次を作れるといいのだけれど・・・  残った布でチョッキも作ってみた。    裏地をつけたから、思っていたよりも苦労したが、とにもかくにも完成。    
author:けい, category:手仕事, 21:18
comments(0), trackbacks(0)
何を染めようかなぁ
 20年以上前に植えた栗と杏がかなりの大木になり、枝先がベランダへ侵入してくるようになった。  かなりばっさりと枝を落とすことにして、相棒が作業をしてくれた。杏はもう蕾をたくさんつけている。  もったいないなとは思ったが、草木染をするにはいいチャンスだ。  せっかくだから、何かを染めてみよう。  何がいいかなぁ。  絹が簡単に染められるのだけれど・・・  そうだ、今、リフォーム中の着物の裏地など、いいかも。  解体と洗濯を終えたばかりだから、明日、染めてみよう!  
author:けい, category:手仕事, 20:37
comments(0), trackbacks(0)
久しぶりの着物リフォーム
 ずいぶん久しぶりに着物のリフォームをした。  今までにも、いくつか作ったスカートだが、久しぶりだから、細かいことを忘れている。  少しずつ作業を進めていくと、手順を思い出してきた。思っていたよりも早くに作り上げることができ、うれしい。  ウェストはゴム、裏地も絹なので、リラックスタイムにはとっても着心地がいい。  ここで間を開けずに、いくつか作ると、いいのだろうが・・・    
author:けい, category:手仕事, 23:46
comments(0), trackbacks(0)
古民家でのクラフト展
 古民家でクラフト展が行われていると聞いて行ってみた。  入り口には色鮮やかなドライフラワーで作ったリースが飾られている。



 

 中には陶器、布や蔓で作られたバッグ、洋服などなど。  フェルトで作られた小鳥のストラップもかわいかった。 
 相棒は梁を見上げて「見事な欅だ」と感心している。  なかなか素敵な時間を過ごすことができました。  
author:けい, category:手仕事, 20:56
comments(0), trackbacks(0)
捨てるのはもったいないから
 普段着として愛用していたシャツブラウスの袖口がすり切れてきた。断・捨・離ばやりのこの頃だから、ほとんどの人はこれ幸いと処分しちゃうのだろうな。

 よーく見ると、袖口以外はまだまだしっかりしているから、もう少しがんばってもらうことにする。

 袖口を内側に折って、ざっとミシンをかける。家の中で着ているには、これで十分。

 ついでに先日ほどいた布を使って、鍋敷きも作ってみた。

 

 

 
author:けい, category:手仕事, 19:53
comments(0), trackbacks(0)
絞りのブラウス ほぼ完成
 先日から、取り組んでいた絞りのブラウス、ほぼ完成というところまで来た。

 どのパーツからどう裁断するかにしばらく時間をかけた。できるだけ、布を無駄にしたくない。残りでもう1枚作れそうだから、残りの布も使いやすいようにと考えていたので・・・

 裁断をした後は、そこそこ順調に縫い進められた。主なところはミシンをかけたけれど、襟ぐりや裾などは手でまつり縫い。

 今回は裏なし。裏地でタンクトップを縫って重ねて着るつもり。その方が縫うのも洗濯も簡単そうだから。
 
 

 
author:けい, category:手仕事, 20:02
comments(0), trackbacks(0)