RSS | ATOM | SEARCH
トランプで算数
 「算数が嫌い、苦手」という子も多い気がする。

 このところ、子ども向けの体験企画をする中で、楽しくいろいろなことが学べる仕掛けを工夫したいと思い始めていた。

 で、今回は「トランプで算数をやってみよう」との企画にした。

 まずは神経衰弱をやってみる。

 ふつうの神経衰弱は同じ数字同士2枚をあけたら、自分のものにできる。今日の神経衰弱は足して11になるカードを2枚、集めるというもの。1と10,2と9、3と8のように・・・始める前に11より上のカードを別にしておくのがポイント。

 説明を聞いた瞬間は大人も子どもも「え?」という感じだが、始めてしまえば、ふつうの神経衰弱と同じように、「うーん、さっき2が出たけど、どこだったっけ」「ふふふ、これですよ」との会話が飛び交いつつ、進行する。

 同じ調子で足して10もいいし、引いて2になる組み合わせなどもできるが、事前にざっと計算をして、取り除くカードをサーチしておく準備をお忘れなく。

 この神経衰弱は準備体操のようなものだったが、大人も子どもも十分に楽しめたと思う。

 本番はもっと複雑でもっと頭を使うゲームだった。

 その報告は明日のお楽しみ・・・

 
 
author:けい, category:子ども, 19:46
comments(0), -
Comment