RSS | ATOM | SEARCH
見えている世界はこんなにも違う
 「同じ物を見ても、見る人によって、違う見方をしている」と繰り返し、話したり書いたりしている。

 が、今日の出来事は、それを実証するようなことで、なかなかおもしろかった。

 24本もの醤油を買ってしまった私は、このところ、それを売りさばくべく頑張っている。今日も2本、引き取ってくれるとのことで、持って出かけた。

 醤油を引き渡す会ではないから、みなさんの邪魔にならないところへ置きたい。でも、床に近いところに置くと、渡すのを忘れそうなので、テーブルの端へ置いた。

 それを見た相棒は「このテーブルはがたぴししているから、そんな端の方へ割れ物をおいてはいけません」と、もう少し内側へ置き直す。

 と、次にやってきた人は私が24本の醤油を売りさばき中であることを知っているので、「さすが、私忘れのないように、とっても目立つところに置いてある」と思ったそう。

 「私以外の人は私と同じようには見ていない」という、なかなか興味深いエピソードではないかしら。
author:けい, category:基本的な考え方, 19:44
comments(0), -
Comment