RSS | ATOM | SEARCH
失敗対策なら、まかせて
  「バザーの売り子さんたちのお昼ご飯は昨年までのように出来合いのおにぎりを買うのをやめて自前で用意しましょ」と発案してみた。

 今年は昨年よりも手の掛からない物ばかりを売ることにしたので、お昼ご飯を準備することができそうだから・・・

 「一人で大丈夫」と引き受けてくださった方がすっ飛んできた。「大変、どうしてだか、がんだご飯になっちゃった。どうしましょ?水を足して、もう1回炊き直したらいいかしら?」


 見に行くと、なるほど、餅米部分が真っ白だ。少し位のがんだだったら、さっと水をふって、電子レンジにかける手もあるのだが・・・ちょっと手強そうだ。一応、試しに電子レンジにかけてみる。

 うーん、やっぱりきびしい。

 次の手としては蒸してみるか。

 公民館の調理室をさがしてみる。やったね。蒸し器を2つ、発見。急いでいるから、給湯器から熱い湯を注ぎ、炊飯器のご飯を蒸し器に入れて、がんがんと蒸す。

 12時前にはみなさんのところへ持っていきたいとは思うけれど、焦らず、しっかり蒸して、よほどうるさい人でないとわからない程度にはなったつもり。

 たくさんのたくさんの失敗を重ねてきた経験が、こういう時にものをいうのだよ。
 

 
author:けい, category:ミスコンの女王, 19:44
comments(0), -
Comment