RSS | ATOM | SEARCH
コリーナコリーナ
  今日の午後は図書館で映画を見てきた。

 おもしろい映画を見て、英語のリスニング

レッスンにもなるのはうれしい。

 どれがいいかなと、眺めていたら、私の好きなウーピー・ゴールドバーグが出ている「コリーナコリーナ」を見つけた。

 これにしましょ。

 
 母親の死後、口を利かなくなってしまった少女もりーの面倒を見るため、父親のマニーは家政婦のコリーナを雇う。

 コリーナは陽気だが、モリーの辛さに寄り添う優しさもある。

 口を利けないことに対しても、大騒ぎをしないし、話し始めた時にも、さらっと受け止める。

 そして、学校へ行きたくない時にも、雇い主である父親のマニーにも黙って、何日も学校を休ませてあげる。

 そして、マニーと愛し合うようになり、結婚へというハッピーエンド。

 
 ウーピー・ゴールドバーグもよかったけれど、モリーを演じた子役も上手だったと思う。

 
 そして英語のリスニングレッスンとしては、先日、習った"Wake up and smell the doffee!"が出てきて、ばっちり聞き取れたのがうれしかったな。

 ちなみに、その意味は「現実をわかりなさいよ」みたいな感じ。

 家政婦としての勤務時間は9時から5時なのに、ついついサービス残業をしてしまうコリーナに友人が「うまいこと、ただ働きさせられていることに気づきなさいよ」と言う時に使われていた。

 
 
 

 
author:けい, category:DVD, 19:12
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://yamazatowalk.jugem.jp/trackback/2303