RSS | ATOM | SEARCH
鹿肉のローストにチャレンジ

 昨日は7人のお客様を迎えて、楽しい時間を過ごした。

 

 ようやく家が完成し、私たちの生活も落ち着き始めたところでの夕食だったから、ちょっと頑張って、鹿肉のローストを作ってみた。

 

 少し前に隣町で行われた鹿肉料理講習会で70度ほどの低温でじっくり熱を通すと、おいしいローストができると教えてもらったので、チャレンジしてみた。

 

 事前に練習することができたらいいのだけれど、今回、料理したのは1キロ以上ある塊肉。だから、いきなりのチャレンジです。

 

 フライパンの中で塊肉の表面をざっと焼いてからオーブンへ。100度の設定ができるから2時間ほどゆっくり加熱してみた。途中で肉の表面が乾かないようにオリーブオイルを塗りつけ、アルミ箔で覆う。

 

 大体いいかなというところで、オーブンから取り出し、ジップロックの中へ入れる。ジップロックの中へ入れる目的は3つ。1つ目は余熱で火が通るように。2つ目はゆっくりと冷やすことで、切った時に肉汁が出てこないように。3つ目は家の中に肉を焼いたにおいが充満しないように。(お客様が家に入ってきた時ににおいがすると、出てくる料理の予測ができてしまうから。予測できずに料理が出てくる方が楽しみも多いのでは・・・)

 

 お客様にお出しするまで、作った本人も出来のほどがわからないという、いつもながらのいい加減さ。でも、まあまあの出来で、皆さん、喜んでくれました。

 

 

 

 

author:けい, category:料理など, 20:34
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://yamazatowalk.jugem.jp/trackback/3179