RSS | ATOM | SEARCH
「アイヌ文化に触れる」は好評でした

 今日は本屋でのイベントとして、「アイヌ文化に触れる」をしてみました。

 

 主催する私も初めてなら、話をしてくださる方も初めての試み。どんな感じになるかなと思っていたら、かなりの盛り上がりで楽しかったです。

 

 アイヌ語の絵本をパラパラ見つつ、発音の説明を受けました。そのあとはたくさんの質問が出ました。

 

 死者に対する考え方は死者は死者であちらの世界で暮らしている。だから、「ご先祖様、助けてください」との発想はない。死者にこちらの世界に関心を持たれると、あちらの世界に呼ばれるというのがアイヌの方たちの発想だとか。

 

 名前なども、アイヌの方たちが重要視するものには、様々な名前が付けられる。けれど、どうでもいいと思うものについては、簡単だったとか。

 

 「だから、アイヌの人たちの考え方はとても合理的だったのだと思います」も新鮮な感じがしました。でも、言われるとなるほどと納得できるところも多かったです。

 

 いやぁ、おもしろかったです。

 

 夜には、開催時刻を確認しなかった方もいらっしゃってくださり、「え、昼間のみの開催だったの。残念・・・」

 

 もう少し時間をおいて、また同じようなイベントをしてもおもしろいかも。

 

 

 

author:けい, category:-, 21:16
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://yamazatowalk.jugem.jp/trackback/3463