RSS | ATOM | SEARCH
自分としては成長したつもり

 小さな町の小さな本屋の店番を引き継いで9か月が過ぎました。

 

 いろいろなことを知らないおかげで、ちらっと読んだ本に書いてあったことを頼りに新しい取引先へ連絡を入れてみた。

 

 契約書に貼る収入印紙代だけで、取引が開始できることになった。利益率はめちゃくちゃ低いのだけれど・・・

 でも、おかげで仕入れることのできる本が飛躍的にふえました。

 

 仕入れたい本の注文の連絡を入れる。と、「ご注文頂いた本についてのデータが足りません」などなど、たくさんのご連絡を頂きました。

 本が好きで、たくさんの本を読んでいる私。でも、本業界の常識ゼロ、かつ、PCにも詳しくない。

 

 だから、向こうの常識や注文の書式に合わせて的確な注文を出すことができず、じたばたが続きました。

 

 「初めに本の問屋さんの担当者にきちんと、私が詳しくないことを説明する方がよかったかなぁ」と、この頃になって思うのだけれど、異文化のぶつかり合いのような感じで、なんとか9か月が過ぎました。

 

 そもそもエクセルなどとは一生、無縁だったはずの私が少しでもエクセルを使えるというだけで、すごいではないかと思うのです。

 

 SEだった若い人がいいことを言ってくれました。「包丁が使えれば、誰でもイタリアンやフレンチを作れることにはならないでしょう。まずはキャベツの千切りからですよ」

 

 まあ、その通りと思います。

 

 たくさんの方たちの応援のおかげで、なんとか、ここまでやって来ることができました。

 

 「これって、進歩だ」と本人は思うのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:けい, category:-, 20:36
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://yamazatowalk.jugem.jp/trackback/3553